骨董品の茶道具買取は専門店で

実際に骨董品の買取査定を行ってみた結果

買取前提に査定をお願いした品物は茶碗と棗、茶杓です。
茶碗は共箱に入った黒楽茶碗で共箱、共布がそろっています。
作者も千家十職のひとりであることが分かっており、祖母もこれは価値があるわよといっていたので期待していたところ思った以上の額を提示されました。
お茶を入れる道具の棗も高額買取でした。
説明によると名の知れた蒔絵師の作品で、共箱に添え書きもあり状態がよいとのことです。
査定してくれた骨董品店は棗の買取強化中なので、他にあれば引き取りたいとのことでした。
茶杓もちょうど強化キャンペーン中なので高額査定をもらいました。
茶杓は普段は稽古中に使用するので箱に入ってる状態を目にするのは希ですが、高額査定された道具は他同様、共箱があり銘も記されていました。
祖母はそれほど手入れのよい状態ではなく汚れが目立つことから、どの程度評価されるかわからないといっていましたが年代的な汚れはマイナスにはならないと説明されました。

骨董品の買取査定を行った経緯と査定ポイント | 実際に骨董品の買取査定を行ってみた結果 | 満足のいく買取査定と骨董品の売却

骨董品の買い取り | 骨董買取|美術品骨董品の高価買取&鑑定査定なら八光堂